気になる中華のカーボンホイール(リムハイト50mm)を買ってみる

実は気になる中華のカーボンホイール

誰もが(?)気になって、一度は買ってみようかと思ってしまう中華カーボンホイールのリムハイト50mmのホイールを購入してみます。

 

強度や耐久性などに不安もあり、購入をちゅうちょする事もありますが、一緒に走っている方や、周りの方に迷惑をかけないように充分に気を付けて、カーボンホイールを使用してみたいと思います。

 

【目次】

 

 

中華カーボンホイールのスペック

購入を決めたカーボンホイールは次の様なスペックで、購入時に色々選択できるものでした。

 

【仕様】

クリンチャー、チューブラー選択可能
リムハイト38,50,60,88選択可能
60,88mmはプラス3000円
選択可能項目
スポークカラー、白、黒
ハブカラー、白、赤、黒
ニップルカラーマット、クリアー リム幅20.5mm23mm

重さ: 

50mm tubular, 1490g(+/-30g)
50mm clincher, 1630g(+/-30g)
60mm tubular, 1550g(+/-30g)
60mm clincher, 1720g(+/-30g)

クリンチャー

リムハイト 50mm

後輪 G3組み

色は全て黒でリム幅は23mm(外)

フリーはシマノ

を選びました。

 

 

 

到着したカーボンホイール

製造完成時に発送連絡と共に完成品の写真が見られるURLを教えてくれました。

自分が注文したものと相違ない事を確認できました。

 

それから東京の通関を通って手元に届くまでに約1週間かかりました。

 

f:id:InterMax:20160611191304j:plain

 

中華カーボンホイールの重量測定

オークションの商品紹介での重量は、前後で1,630g±30gでした。

家庭用のはかりで実測してみます。

 

先ずはリア

f:id:InterMax:20160611182946j:plain

 

836gです。

 

続いてフロント

f:id:InterMax:20160611183024j:plain

 

663gです。

 

836g+663g=1,499g

マイナス 130gでした。

 

おそらく、G3組みにしてもらった事でスポーク本数が減った事が原因だと思います。

強度はどうか?とても不安ですが、重量が少なくなったのは嬉しいです。

 

 

ハブ

 

ハブはBITEXというものらしいです。

良い感じに回転します。

 

ベアリングが固着する様な事も聞きますが、メンテナンス頻度を上げるかベアリング交換をする事で解決できそうです。

 

 

フリー

シマノ用の11S対応フリーです。

10S用のスペーサーが添付されてきました。

 

今現在は10Sを使用しているのですが、11Sにしようか悩み中です。

 

ラチェット音は普通よりやや高めでしょうか?

(普通がどれくらいかという事ですが・・・)

 

今使用しているアルミのEASTONのホイールよりは格段に大きな音です。

 

カリカリと抵抗もあります。

 

取り外してみると

f:id:InterMax:20160611183844j:plain

グリスがとても少ない様に思います。

実際に組み込む前にグリスアップなどをしてみたいと思います。

 

 

ホイールの振れ

実際にバイクに組み付けて走ってみないと何とも言えませんが、単体で回してみるところでは縦も横も振れはほぼなさそうです。

 

 

タイヤ取付

今現在使用しているタイヤはグランプリ4000sⅡです。

少し重いですが、安心感と転がりの軽さを感じて気に入って使っています。

 

今回のホイール用にも25Cを準備しました。

 

これまで何度もタイヤの着脱をしてきましたが、今回はとても難航しました。

 

きついっす!!

 

初めてタイヤをはめる時にタイヤレバーを使用してしまいました。

 

汗だくになりながら無事にタイヤを組み込む事が出来ました。

 

 

カーボンホイールに興味のある方へ

私の記事では特におすすめもしていませんが、興味のある方は他のサイトも参考にされて検討してみてはいかがでしょうか。

 

幾つかカーボンホイールについて記事を書いているサイトを掲載してみたいと思います。

 

1.FICTION CYCLESさん

カーボンホイールをAmazonで買ってみよう その① | FICTION CYCLES

 

2.DunkleGleis! by 華綺さん

kaki-dispirit.blog.so-net.ne.jp

 

3.bikephotoaudio’s blogさん

bikephotoaudio.hatenablog.com

 

4.長距離はNO!さん

with585.ldblog.jp

 

5.メカニコさん

ようこそ、メカニコのHPへ

 

6.千切れてないですよ (-ε-)b"さん

blogs.yahoo.co.jp

 

 

走行インプレッション

 

実際の走行した感想をのべる走行インプレッション

そんなインプレをきれいにまとめ上げる程の力もなく、ましてディープホイールのよさや欠点を述べることができる様な経験もありません。

 

ただ前述のとおり、すいすいと進む感じは感じられました。

 

レースなどでも平坦や下りで周りの方々がペダルを回して進んでいる時に、ペダルを止めて惰性で進んでも、前を走る人に追いついてしまう事も良くあります。

 

この頃狩りの良さは、低速度とはいえ登りの時にも影響していないとは思えないのですが、どうなのでしょうか。。。

 

特に登っている時に剛性が気になったりするようなこともないので(ダンシングはあまりしない方です)、何となく登りでもディープホイールはありなのかと思っています。

 

そして何よりも見た目のカッコよさ、これが一番だったりします。

 しょぼいインプレしかできない実力で申し訳ございません。

 

でも、こんな奴でも違いが判るほど、カーボンのディープホイールは良いってことですかね。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

よろしければ  

ブログランキング」「ブックマーク」「読者になる」をポチっとお願いします。


人気ブログランキングへ