ロードバイク 中華カーボンフレームを購入し自分で組立てる

中華カーボンフレームのロードバイクを組立

 

 

 

 

カーボンフレームを購入してロードバイクを自分で組立てます。

 

あまり良いうわさは聞かない、俗にいう中華カーボンフレームですが、問題なく使用できるという紹介もされていることがあります。

 

実際に自分で購入して、そのつくりの具合や、組み立てて乗ってみて感じてみたいと思います。

 

少し冒険になりますが、一流のブランドのフレームを購入する価格の1/3~1/5ですので、試してみたいと思います。

 

 

 

 

【目次】

f:id:InterMax:20160701232934p:plain

 

新しいロードバイクの購入を検討する

ロードバイクに乗り始めて、今のバイクで2台目になります。

1台目はアルミフレームの軽量タイプのものでした。

 

そして2台目はカーボンのフレームのロードバイクで、オークションで中古のカーボンフレームを購入し、アルミフレームの1台目のロードバイクに付いていたパーツを移植して乗っています。

 

この時も自分で組み立てを行いました。

 

そして今、3台目になるロードバイクが欲しくなり購入する事を決めて探すことにします。

 

 

 

完成車ではなくフレームを購入

完成車で購入出来ればとても楽です。何の苦労もありません。

 

好きなメーカーの好きなグレードのバイクを完成車で購入できる余裕のある財布事情は豊かではありません。

 

なるべく安く、新しいロードバイクを所有することを考えると、必然的にフレームだけの購入になってしまいます。

 

それも新品ではなくオークションで中古品を探すことになります。

 

 

中華カーボンフレームとの出会い

オークションでフレームを物色していると塗装されていないカーボンフレームが安い値段で出品されているのを目にします。

 

今までも目には入りましたが、中華のカーボンフレームである事を知っていて、その品質や耐久性などに疑問があって、躊躇し避けていました。

 

そんな中華カーボンフレームも、色々なサイトで調べてみたり、インプレッションを読んでみると、きちんとしている所から購入したものは、何らそん色ない性能と品質の物もあることを知りました。

 

いまでも粗悪な物もあるようですが、普通にロードバイクとして使用するのに問題ない強度などを備えている物もありそうです。

 

大手オークションで中華カーボンフレームを探していると、特殊な形状の見た事がある形のフレームが目につきました。

f:id:InterMax:20160701232934p:plain

この特徴的なステムからトップチューブの段差のない流れる様なライン

 

空気抵抗を考慮したエアロ形状のフレーム

誰が見ても速そうではありませんか。

 

購入まで少し悩みましたが、落札ボタンをぽちっとしてしまいました。

 

 

因みに。。。とても良く似ている形状のフレーム(本物)はこれです。かっこいいっすね!

f:id:InterMax:20160701234759j:plain

 

 

カーボンフレームの到着

落札ボタンを押してから2~3週間の製造期間と言われておりました。

 

3週間過ぎた所で連絡をしてみた所、塗装が完成した様で写真を送って来てくれました。

 

それを確認して発送してもらいます。

 

それから数日、無事に日本に到着して通関を経て自宅に届きました。

開梱してみたのがこの写真です。

f:id:InterMax:20160701234302j:plain

ぐるぐる巻きのミイラ状態です。

 

 

ワクワクしながら巻かれている緩衝材を取り外し、同梱された部品や塗装の状態を確認して、いよいよ組立作業に取り掛かります。

 

この様子の記事は後程アップします。

 

 

intermax.hatenablog.com

 

 

 

4台目のロードバイク

3台目を組み立て記事を書く前に、翌年になりますが、またまた購入意欲が湧きあがり、中華カーボンフレームを購入してしまいました。

 

ロゴが入るような模倣品ではないフレームで、しっかりとした作りであれば中華フレームもありかと思うのですが、内部が見えない為に不安があります。

 

今のところ走っていて不安になるような事はありません。 

intermax.hatenablog.com

 

シンプルな形状で塗装もないマッドブラックで購入しました。

 

ハンドルやパーツ類もなるべく黒に統一して組立て、全体が艶消しのブラックな素敵な1台に仕上がりました。

 

f:id:InterMax:20171010190510j:plain

 

今不満があるとすると、パワーメーターがついたクランクを購入した時に、PCDが130だったため、コンパクトなギヤが選べず39Tを組んでいることです。

 

ヒルクライムレースが好きで坂道を上るのですが、勾配がきつくなると自分の脚力で39Tを回すのが辛くなります。

 

できればコンパクトクランクのパワーメーター付きが欲しいなと思っています。

50-36T当たりの楕円のチェーンリングを付けて、スプロケットは男ですが男ギヤは潔く諦めて、乙女な30Tあたりで楽しく坂道を登れたらいいなと思っています。

 

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

よろしければ  

ブログランキング」「ブックマーク」「読者になる」をポチっとお願いします。


人気ブログランキングへ