自転車の練習 こどもも簡単に乗れる たった2時間で転ばず練習する方法

自転車の練習 たった2時間で乗れる方法

自転車の練習は大人が支えてあげたりして連取する事が多いと思います。

 

上手くいかずに何度も転んでしまったり、転びそうになったりして、自転車の練習外野になる子供もいます。

 

練習させる親の方も、小さな自転車を支えるため、中腰の姿勢でささえる辛いことのくりかえしです。

 

もっと簡単に自転車を練習して乗れるようになる方法をお教えします。

 

【目次】

 

 

子供が3時間で自転車に乗れるようになる

自転車の補助輪を外して自由に乗れるようになるのは子供にとって嬉しい事です。

 

それを教える為にお父さんやお母さんは広い場所を探し、自転車を支えながら腰をかがめて走り回ります。

 

子供も必死ですがついて行く親の方はもっと必死で、場合によっては次の日に足腰が立たなくなってしまう緊急事態も・・・

 

そんな苦労しなくても自転車に乗る方法があったら良いと思いませんか?

 

色んな所で紹介されていますからご存知かと思いますが、知らない人がいては気の毒なので紹介したいと思います。

 

因みに、私の二人の子供たちは、この方法で1~2時間で乗れるようになりました。

けっして運動神経が良い訳ではありません。

 

 

 

サドルにまたがり足けりで自転車をこぐ

f:id:InterMax:20160218172703p:plain

お父さんやお母さんが、工具を持っていて、自転車のペダルを取り外す事が出来れば、子供の自転車のペダルを取り外してください。

 

当然補助輪も取り外します。

 

ペダルを取り外さなくてもできますが、時々足にペダルをぶつけてしまいます。

結構痛いので泣いてしまう子供さんもいると思います。

 

出来れば外してあげた方が良いです。(私は付けたままでした)

 

ペダルの取り外しは左右で回す方向が違いますので注意してください。

 

右のペダルは左回転(時計と逆回り)で外れます。

左のペダルは右回転(時計回り)で外れます。

 

 

足けり自転車で遊びながら練習する

出来上がったペダルのない「足けり自転車」で遊ばせてください。

 

なるべく広い公園などが良いですが、散歩や小さい子供たちがいる場所は避けて下さい。

 

平らな場所で広い所が良いですね。

 

思わぬ方向に子供が行ってしまったとしても、事故が起きない様な場所を探しましょう。

 

左右の脚で交互に地面をけりながら自転車を進ませる遊びです。

 

最初は細かく蹴らないと、倒れそうになったり進まなかったりします。

 

徐々に1回の蹴る力を強く速くして、なるべく長い距離を1歩で進むように頑張る様に仕向けてみましょう。

 

どれだけ長く1回の蹴りで進むことができるか、楽しみながら、褒めながら練習してみてください。

 

長く進むポイントは、足元を見るのではなく前方を見ながら行うことです。

子供さんの様子を見ながら教えてあげてください。

 

前を見て進むことは、前方の安全を確認するためでもありますし、バランスを取りやすくするためでもあります。

 

 

練習から1時間を超えて徐々に慣れてくる 

おそらく1時間も遊んでいると最初の時とは違い、1歩の距離が伸びてきていると思います。

 

ひと蹴りした後、次に脚で地面をけるまでの間の時間が5秒前後になれば、十分バランスをとる力はついたと思っていいです。

 

ペダルを取付けて試してみましょう。

 

心配な方はもう少し長い時間頑張れるようになってからでも構いません。

 

ペダルを取付けてみて、まだだったと思ったら、ペダルを取付けたままで足けり遊びを再開させても良いと思います。

 

 

 

遊んでいるような練習で乗れるようになる

無事に乗れるようになったと思います。

 

私の子供たちは1時間ちょっと、足けり遊びをさせたあと、そのままペダルを回してごらんと言って乗れるようになりました。

 

足けり遊びが出来ているので、バランスが崩れても脚を着いて立て直す力も養われているはずです。

 

子供が気が付いていない場合もあるので、ペダルを回していてバランが崩れたと思ったら足をついて蹴っても良いんだよって教えて見て下さい。

 

 

短い時間で簡単に自転車を覚える事が出来ると子供も親も楽ですよね。

 

因みに私自身の自転車の練習は、父親が後ろを持って一生懸命支えて走ってくれたお陰です。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

よろしければ  

ブログランキング」「ブックマーク」「読者になる」をポチっとお願いします。


人気ブログランキングへ