読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ロードバイク】カーボンフレームやバイクを購入する4つのポイント 

ロードバイク ロードバイク-パーツ・完成車

カーボンフレームを購入する4つのポイント

ロードバイクのフレームを購入しようとした時、たくさんあるフレームの中からどれを選んでいいのか悩みます。

自分に合ったフレームを選ぶ時の4つのポイントを紹介し参考にしてもらえれば幸いです。

 

f:id:InterMax:20170115105922j:plain

【目次】

 

 ポイント① ~フレームタイプを決める

フレームにはいくつも種類がありますが、その中でロードバイクのフレームにしぼります。

 

ロードバイクにも大きく分けて3つのタイプがあります。

f:id:InterMax:20170115105954j:plain

 

エアロ

短距離やスプリント、比較的勾配の少ない道を速く走る為のエアロタイプのフレーム


オールラウンド

山などの登りも下りも、ロングライドも走りたいオールラウンドタイプのフレーム


ロングラウンド

より快適に楽しく楽に長い距離を楽しみたいロングライドタイプのフレーム

 

エンデューロクリテリウムなどのレースに参加することを考えている人は、迷わずにエアロタイプのフレームを選択すると良いですね。

 

空気抵抗を少なく設計されたフレームが、走りを助けてくれるはずです。

このエアロタイプのフレームでヒルクライムが走れないかというと、それはNOだと思います。

 

自分の脚力しだいではありますが、プロ選手などには山岳コースもほぼ全てエアロタイプのバイクで走っている人も少なくありません。

 

ただし、サイトなどのインプレを見てみると、勾配がきつくなると後ろから引っ張られている様な抵抗を感じるなどと表現されている人もいます。

 

実際に自分で経験してみなければわからない事ですが、簡単に購入して見るような金額でもありませんので、冒険できる余裕のある方は試してみてください。

 

そうではない方で山を登る事を主に考えているのであれば、無難にオールラウンドタイプの軽量フレームをおすすめします。

 

ポイント② ~予算を決める

f:id:InterMax:20170115110009j:plain

カーボンフレームを購入しようと考えている方は、ある程度の予算を考えていると思います。

 

普通のブランドのカーボンフレームの価格は、主に数十万円から百万円ほどの範囲だと思います。

 

ある程度希望のフレームを手に入れようとすると、30~40万円前後の予算は必要になります。

 

ノーブランドのカーボンフレーム(いわゆる中華カーボンフレームも含まれる)には5万円前後から購入できるものもありますが、インプレッションなどはされている事もほとんど無い為、その品質や性能は自分の責任で判断しなければなりません。

 

自分はフレーム購入を検討していますが、予算が少ない事からノーブランドのカーボンフレームを検討しています。

 

今現在、ノーブランドのエアロタイプのカーボンフレームに乗っていますが、特別不安もなく乗る事が出来ていることから、次に考えているオールラウンドタイプの軽量フレームもノーブランドで探しているところです。

 

私のオールラウンドタイプのノーブランド、カーボンフレーム購入までの様子は、別な記事で紹介したいと思います。

 

ポイント③ ~ブランド・色・形状で決める

f:id:InterMax:20170115110220j:plain

みなさんがご存知の通り、ロードバイクのブランドはたくさんあります。

 

プロのレースをみていて、お気に入りの選手が乗っているバイクと同じブランドが良いとおもったり、ロードに乗るきっかけが高校の自転車競技部を舞台にしたアニメだったりして、その中のキャラクターが乗っているブランドが気になったりします。

 

またネットやオークションを検索しながら自分が気に入った形状やカラーでブランドを絞る人もいる思います。

 

ただし見た目だけで選んでしまって、実際に完成したバイクに乗って後悔なんてことにならない様に、気になったフレームやバイクがあったら、お店やサイトなどでインプレッションをみて、特徴や性質が自分が求めている物と合致するかの確認はした方が良いと思います。

 

ポイント⑤性能や特徴で決める

f:id:InterMax:20170115110326j:plain

さきほどから文中に何度も出てきていますが、フレームやバイクを購入するのに頼りになるものは、既に乗っている方のインプレです。

 

お気に入りのお店などを持っている方は、そのお店の方や店にきているお客さんから話を聞く事が出来るかもしれません。

 

主要なフレームやバイクであれば、ネットや雑誌などでもインプレの記事を見つけることができます。

 

その記事に書かれている事が100%信用できるものかは別として、自分が判断する材料にはなりそうです。

 

色々な立場の多くの人が見ているであろうネットや雑誌へのインプレ記事の内容は、それなりに気を使って書かれている事が多いと思って読むべきです。

 

明らかな欠点だと感じても、あからさまに書かれている事は稀です。

少し不満を上げれば・・・・というような言い方になるかも知れません。

 

記事を書かれている人の心情を察しながら(笑)インプレを読んで参考にすることが重要です。

 

まとめ

私自身は1年間に参加するアマチュアレースの多くがヒルクライムであることから、オールラウンドタイプのカーボンフレームを探しており、予算も少ないことからノーブランドで物色し、メールやチャットで折衝中です。

 

f:id:InterMax:20161127153852p:plain

エアロタイプのノーブランドのカーボンフレームに乗り、レースも含めて何度もヒルクライムしましたが・・・

 

自分の脚が弱ったのか?

体調が悪いのか?

後ろのブレーキが擦っているのでないか?

何か見えない物が乗っているのではないか?

 

と、思う時がありました。

 

きっと今乗っているエアロタイプのフレームの特徴なんだと思います。

 

クリテリウムなどは快適に走る事が出来ていますので、今後も使用する事は出来ると思いますが、ヒルクライムを快適に走る為にオールラウンドタイプの軽量フレームを購入して、2017年のレース参加や休日の山登りを楽しみたいと思っています。

 

皆さんも自分に合ったフレーム・バイクに出会って、楽しく長い間ロードを楽しみましょう。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

よろしければ  

ブログランキング」「ブックマーク」「読者になる」をポチっとお願いします。


人気ブログランキングへ