/*アドセンスページ広告を表示する*/

松島の観光 旬の牡蠣だけではない食べ歩きで楽しむ日本三景

f:id:InterMax:20171113201550j:plain

日本三景の一つである宮城県にある松島を旬の牡蠣を中心に、食べて楽しむ方法を紹介します。

先の大震災の震源地に近いながらも、点在する島々に守られたと言われる松島は、北東北の中でも有数の観光スポットです。

有名な瑞巌寺や円通院、五大堂や福浦島など、観てまわる場所はたくさんありますが、今回紹介するのは食べて楽しむ日本三景です。

松島観光を食を通じて満喫しましょう。

 

 

【目次】

 

 

松島に来たら食べたい海産物

松島といえば「牡蠣」です。

牡蠣は11月~春先までの寒い時期が旬になりますので、おのずと松島観光の最適時期は晩秋から春先の寒い時期になってしまいます。

 

許されるならば、観て回る観光は季節の良い暖かい時に訪れ、食べる観光は寒い時期にくるのが良いかもしれません。

 

殻焼き牡蠣

松島にある店のほとんどが扱っているのではないかと思うほど、道を歩くと海産物を焼いている良い香りが漂っています。

f:id:InterMax:20171113193746j:plain

殻焼きの牡蠣は、安いところでは1個¥250円から食べられるところもあります、だいたいは2個で¥600~700円くらいです。

40分間で¥2,000円食べ放題というお店もあります。

 

 

 

他にも、帆立やサザエ、つぶ貝、イカなど、美味しいものがいっぱいです。

道を歩きながら、1種類づつ食べ歩くのも面白いですよ。

f:id:InterMax:20171113193904j:plain

f:id:InterMax:20171113194003j:plain

 

たからや食堂の海鮮丼

たからや食堂というお店の海鮮丼 ¥1、800円(たしか・・・)です。

みそ汁と小鉢がついてます。

ものすごい盛りで、刺身も分厚くて、食べごたえ半端ないです。

f:id:InterMax:20171113194017j:plain

 

 

あなご丼が一番人気のようです。

お昼には売り切れてしまっている事もありますので、食べたい人は早めにですよ。

f:id:InterMax:20171113194452j:plain

 

www.takaraya-matsushima.com

 

 

 

 

焼いて食べる蒲鉾

阿部蒲鉾店の松島寺町店では、串に刺した蒲鉾を自分で焼いて食べられます。

自分で焼いたアツアツ焼き立ての笹かまはとても美味しいです。

日本酒が欲しくなりますが、お店では売っていません。

f:id:InterMax:20171113193513j:plain

 

www.abekama.co.jp

 

 

紹介したお店がある場所

これまでの記事で紹介したお店がある場所は、フェリー乗り場付近から松島海岸駅までのメインストリートにあります。

ここを歩きながら食べ歩くと往路でお腹いっぱいになります。

一杯食べたねーとか話をしながら帰ってくると、着くころにはちょうど落ち着くころかもしれません。

 

 

 

宮城のグルメを松島で味わう

松島にきたからというものではないのですが、宮城といえば「ずんだ」

枝豆です。

ずんだのソフトクリームやシェイクを提供してくれるお店が多く点在します。

f:id:InterMax:20171113200946j:plain

f:id:InterMax:20171113200957j:plain

 

 

 

また宮城といえば「牛タン」もありますね。

仙台が有名ですけど、松島にある赤間精肉店は有名です。

f:id:InterMax:20171113200909j:plain

gyutan-akama.com

 

 

 

宮城の他の場所に行く予定のない方は、松島で「ずんだ」と「牛タン」食べてしまうというのもありでしょうか・・・

 

 

intermax.hatenablog.com