アフィリエイトに欠かせない!ページ構成の極意とは?

アフィリエイトで稼ぐためのページ構成

アフィリエイトで稼げるようになるためにはページ構成に工夫をする必要があります。

 

サイトにアクセスしたユーザーを購入に導かなければならないのがアフィリエイトであり、そのためのストーリーを作り上げることが肝心です。

f:id:InterMax:20170809184816j:plain

 

 

【目次】

 

 

ページ構成の極意 ファーストビュー

コンバージョン率を上げるためにはまずファーストビューを重視しなければなりません。

 

コンバージョン率(成約率、コンバージョンレート、CVRともいう)とは、Webサイトの目標に達した数を、目標に達する最初の段階に入った数で割った割合のこと。インターネット広告やECサイトで、効率を計るために用いる。たとえばECサイトでは、ある商品を実際に購入したユーザーの数をその商品の紹介ページを見たユーザーの数で割れば、紹介ページのコンバージョン率が求まる。また、メディアサイトのバナー広告では、バナー広告がクリックされた回数をバナー広告を表示した回数で割った値が、そのバナー広告のコンバージョン率である。コンバージョン率の求め方ECサイトのある商品のページにおいて、訪問者数1,000人で購入者数10人だった場合のCVRを算出する。10/1000=0.01となり、この場合のCVRは 1% となる。

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説より引用

コンバージョン率とは - コトバンク

 

サイトにアクセスした直後に離脱されてしまうことはよくありますが、まず最初に表示された画面の内容で興味を引ければ下までスクロールしていってもらうことができます。

 

キャッチコピーと画像を駆使してインパクトの有るファーストビューを作るのがコンバージョン率を上げる極意です。

 

ページ構成の極意 購入までの流れ

次に必要なのが購入に向かわせるための流れを組み上げることです。

 

アフィリエイトで取り上げる商品やサービスで解決できる問題を取り上げます。

 

最初にユーザーが抱きやすい悩みなどについて紹介して共感してもらい、その先まで読み進めると既存の解決案と、ここで取り上げる商品やサービスによる解決案について提案するのが基本です。

 

そして、そのメリットを伝えて既存の方法に比べて優れていることを伝え、ユーザーの声や試験結果などを取り上げて提供する解決策の信頼性を示します。

 

そして、最終的にその解決策を講じたときに得られる利益についても客観的な情報を用いて説明するという流れで構成するのが重要です。

 

このように最初に不安をあおった後で解決策を与え、その魅力をアピールしていくことによってユーザーは読み進めたいという気持ちにかられるようになります。

 

ページ構成の極意 購入するのは今だと思ってもらう

最後に重要になるのが今こそ購入しなければならないという考えにさせることです。

 

期間限定で安く購入できたり、毎月先着何名様までや、今回は特別に破格な価格で、といった即アクションを起こすことによるメリットを与えることで、購入するならば今だと思ってもらう事が重要です。

 

それと同時に、返品や返金保証などの安心感を与えられる情報を提示することによって、購入して詐欺に遭ってしまうようなことはないという認識をしてもらうようにするのも重要なポイントのひとつです。

 

このような情報を提示した上でアフィリエイトのリンク先を大々的に表示してクリックを促すと、ストーリーにうまくのってくれたユーザーがリンク先で購入を行ってくれることになります。

 

 

 

また、サイト内の各所にページ内リンクを張っておき、途中で購入するのを決断した人が下までスクロールしなくてもリンクをクリックできるようにしておくとさらにコンバージョン率を高めることが可能です。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

よろしければ  

ブログランキング」「ブックマーク」「読者になる」をポチっとお願いします。


人気ブログランキングへ