売上アップには欠かせない、記事のクオリティアップのコツ

アフィリエイトの売り上げアップに欠かせないもの

アフィリエイトで収益を上げるために日々研鑽されている方は、日頃SEOや被リンク、内部リンクなどさまざまな対策をとられていることでしょう。

 

しかし、アクセスアップや使いやすさ(ユーザビリティももちろん重要なファクターではあるのですが、何より欠かせないのは「コンテンツ力」です。

 

「記事の力・魅力」さえあれば、アクセス数・売り上げに繋がります。ここでは記事の書き方や構成術、作成する上でのポイントをご紹介していきます。

 

f:id:InterMax:20160711215006j:plain

 

【目次】

 

 

具体的な顧客のプロフィール

まずは「ペルソナ」の把握です。

 

どういった層をターゲットにしているのかを明確にしなければ、どんなに良い記事を書いても見向きもされません。

 

たとえば、女性向けのサイトで「鉄道模型の購入すべきポイント!」や「バイクの修理業者はここがオススメ!」という記事を書くと違和感たっぷりですよね

(もちろん、女性でもバイクや鉄道模型がお好きな方はいらっしゃいます)。

 

できるだけ細かく、「2人目のお子さんが小学校に入って、少し手があいた20代後半の女性に向けた美容ブログ」まで細かく設定すると、記事が断然作りやすくなります。

 

クオリティの高い記事の作成

次に、文章の方も見ていきましょう。記事を書くとき「買ってほしい」という心が透けて見える文章を書いていませんか?

 

もし、売り上げに伸び悩んでいるのでしたら、一旦その発想を捨ててください。

良質な記事を書く、ということに集中しましょう。

 

ユーザーが何を求めてサイトに訪れるのかを、しっかりシミュレーションする必要があります。

ペルソナの部分と大きくかかわってくる部分ですね。

 

自分の体験談を記事にすること

細かい表現はさておき、あなたが体験したこと、あなたが感じたことを書いてください。

 

「情報」は公式サイトを調べればいくらでも出てきますし、大手サイトが大半を占めています。

 

伸び悩んでいるあなたのブログやサイトで求められているのは、ユーザーがまだ得ていない「体験談」です。

 

これを使ってここが良かった、こっちと比べてこれが悪かったなど、「体験した人しか分かりえない情報」を提供しましょう。

 

「体験」を提供できていれば、かなりのアクセス数が見込めるはずですが、文章の構成も少し見ておきましょう。

 

アクセスアップにつながる書き方のコツ

アクセス数をアップさせる文章のコツとしては「結論を先に書く」です。

 

引きのタイトル(興味をそそる、疑問を投げかけるタイトル)があり、ブログを見てすぐに「それは◯◯です」と先にオチを言ってしまいましょう。

 

インターネットユーザーは、自ら情報を集めに奔走する特徴があり、「疑問が沸き、検索」したすぐあとに「ヒットしたページで答えを知りたい」わけです。

 

先にオチを書かずに長々と経緯や事情を書くと、結論に行くまでにブラウザバックされてしまい、二度と訪れてくれません。

 

ユーザーにとって使いやすい、見やすいというのをまず意識するのが良記事の第一歩であり、心がけることで地道にアクセス数が上がっていきます。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

よろしければ  

ブログランキング」「ブックマーク」「読者になる」をポチっとお願いします。


人気ブログランキングへ