日本酒を勝手にランキング おすすめのお酒が届くサービスや「ゴーヤの炒め物」のつまみも紹介 

勝手な日本酒ランキングとゴーヤのおつまみを紹介

最近マイブームな日本酒。

 

自分が気に入った日本酒を勝手にランキングで紹介します。

 

プロが厳選して送ってくれる日本酒のサービスも紹介しながら、おつまみには癌細胞を減らす効果も期待される「ゴーヤ」を使ったおつまみも紹介します。

 

 

 

【目次】

 

 

日本酒を呑むようになったきっかけ

若いころ(お酒を呑み始めた頃)はビールも、焼酎も、ワインも、ブランデーも、日本酒も。。。なんでも呑めるタイプでした。

 

日本酒も休みの昼間から呑み始めて1升をあけて、夕方から外に呑みに出かけてビールからウイスキー、ブランデー、焼酎と朝まで呑んでも平気なタイプだったのですが、結婚を機に外に出て飲み歩かなくなってから、家の夕食のときに晩酌で呑むビールだけになっていました。

 

それからというもの、何かの機会があって外で呑むときでも、ほぼビールだけを呑む事が多くなりました。

 

そんな中、少し前に秋田県の宿に泊まって夕食で晩酌に生ビールを飲んでいて、ふとメニューにあった秋田のお酒「雪の茅舎」が気になりました。

f:id:InterMax:20170719220923j:plain

 

めずらしくお酒をオーダーして呑んでみると、とてもスッキリとしたのど越しで、まろやかで深みのある美味しさに感動してしまいました。

 

次の日、帰る前に立ち寄った道の駅で、美味しそうな気になるお酒をGETして帰りました。

 

そこから私の日本酒ブームが始まったのです♪

 

 

道の駅で購入した気になるお酒は・・・

道の駅で購入して家に持ち帰って飲んだお酒はこれです。

f:id:InterMax:20170719221108j:plain

雪の茅舎

純米 古酒 「隠し酒」

 

なんとも気になるネーミングで、中身が見えない包装、つい購入して呑んでみたくなります。

 

包装を開けてグラスに注いだのがこれ

f:id:InterMax:20170719221248j:plain

邪道と言われるかもしれませんが、キンキンに冷えた日本酒が好きで、ロックで頂く事が多いのです。

 

本当のお酒のみの方からは、邪道と言われるんだろうなと思いながら、スッキリとした呑みごこちが好きなので、つい冷やした日本酒をロックでいただいています。

 

この古酒の澄んだ黄金色がきれいですね。

 

深い味わいもありながら、のどごしはとてもマイルドで呑みやすいと思います。

 

このお酒を呑んでから、毎晩の晩酌のビールは350mlに変わり、その後に日本酒を飲むようになりました。

 

 

近所のスーパーは酒屋で購入するお気に入りの酒

雪の茅舎の古酒はインターネットで購入する事はできるのですが、それを味わうのは、また次に秋田に行った時のお楽しみにとっておき、今は近所のスーパーや酒屋さんで購入できるお酒を色々試しながら飲んでいます。

 

最近購入して呑んでみて気に入ったお酒を紹介してみたいと思います。

 

1位 「北秋田

f:id:InterMax:20170719222032j:plain

f:id:InterMax:20170719222051j:plain

秋田県大館市の株式会社北鹿で作られている大吟醸です。

 

スッキリと切れのある呑みごこちで、酒の肴を選ばない癖の少ない呑みやすいお酒です。

 

ついつい飲むペースも早くなり、気が付くとグラスが空になっている・・・

そんな危険なお酒でもあります。

 

大吟醸の中では比較的安価で購入できることから、今までで一番多く購入しているのが「北秋田」になります。

 

「北あきた」というひらがなのエンブレムのにごり酒もあり、呑んでみようかと思っていますが、にごり酒というところに少し躊躇して買わずにいます。

 

2位 大吟醸 高清水

f:id:InterMax:20170719222619j:plain

秋田酒類製造株式会社 大吟醸 高清水です。

 

北秋田よりも少し値段は高めになり、720mlで¥1,300円前後です。

 

これも後味のスッキリしたお酒で、すいすいと飲み進んでしまう危険なお酒です。

日本酒が苦手な人でも全く気にならずに呑めるお酒だと思います。

 

白ワインや焼酎などよりも呑みやすい日本酒です。

 

3位 北秋田 純米大吟醸

f:id:InterMax:20170719223148j:plain

これも秋田県大館市の株式会社北鹿の大吟醸です。

 

やはり、とても飲みやすく後味もすっきりとしているのですが、北秋田に比べると豊潤さというか、深みというか・・・

 

すこし口の中で存在を主張するところがあります。

 

でも・・・その主張とは、なにか尖がったものではなくて、懐の大きな存在感だとか、オーラ的なものを、舌や鼻も含めた全体に感じさせてくれる主張です。

 

値段もそれほど高いものではなく、ぜひリピートしたい一品です。

 

4位はこれまで呑んだ全て・・・

f:id:InterMax:20170719223718j:plain

f:id:InterMax:20170719223740j:plain

似たような者ばかり飲んでいる様な気もします・・・

大吟醸を好んで選んでいます。

 

呑み易いお酒ですが、それぞれに特徴もあります。

好みもあると思うので、ここで順位を付けたり紹介したものは、私個人の好みで選んだものですので・・・

 

お酒のプロが厳選した2本を届けてくれるサービス

美味しい日本酒をお酒のプロが厳選して届けてくれるサービスがあります。

初回限定のようですが、なんと2,500円です。

ほぼ1本分の価格で美味しいお酒を2本も呑めてしまいます。

 

私はそれほど量を呑む方ではないので、720mlを買ってきて冷蔵庫で冷やしながら、ちびちびと呑んでいます。

 

一升瓶は冷蔵庫に入らないのでちょっと敬遠していましたが、この安さは驚きです。

その日に呑む分だけ、小ビンに移し替えながら冷蔵庫に冷やして・・・なんていう呑み方でも、お酒の美味しさが変わらないようならば試してみたいです。

 

お酒が好きな方、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

お酒のつまみに最近はまっているもの

体に良いと言われていながらも、ちょっと手を出しにくくて敬遠していた食材の「ゴーヤ

 

最近、やっとスーパーで購入して調理する様になりました。

 

ゴーヤチャンプルーでいただくのが定番ですが、ゴーヤかつお節のシンプルな常備菜を造り、それを肴に日本酒をいただくのがマイブームです。

 

そのアレンジでゴーヤチャンプルー風に作ったのも美味しかったですよ。

 

ゴーヤ1本、種とワタを取り除き、3mm程度の幅にスライスします。

ボールに入れて塩を小さじ1杯ほど入れて軽く塩もみして20分程度放置します。

そのあと水を張って更に20分ほど放置(苦みが苦手ではない人は不要です)

荒めのひき肉をしっかりと炒め、その後に水を切ったゴーヤを投入して炒めます。

f:id:InterMax:20170719224314j:plain

苦みの苦手な人はゴーヤがしんなりするまでしっかりと炒めて下さい。

醤油と砂糖を大さじ 1

お酒 大さじ 1/2

水 大さじ 1

ニンニクとしょうがのチューブ 各 3cmくらい

を入れて全体になじむように炒めます。

f:id:InterMax:20170719224327j:plain

汁けが少し残っている所に、卵一つを溶いたものを入れてかき混ぜながら炒めます。

しっかりと炒められたら火を止めて、かつお節の小分けパックで2~3個を入れて全体に絡めて完成です。

f:id:InterMax:20170719224339j:plain

ゴーヤの苦みも少なく食べやすくなっています。

お酒の肴でも、ごはんのおともでも美味しくいただける一品です。

ぜひ、お試しください。

 

まとめ

まだまだたくさんの種類のお酒が売っています。

今は大吟醸に絞って選んでいますが、それ以外の日本酒も呑み比べながら、じぶんが気に入るものを探してみたいと持っています。

 

また、近いうちに秋田に行く予定もありますので、その時は是非「古酒」を購入して来ようと思っています。

 

適度に運動もしながら、お酒の量にも気を付けて、健康でいつまでも美味しくお酒や肴をつまめる身体でありたいともいます。

 

では、また紹介したい美味しいものを見つけたら、続編を書いてみようと思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

よろしければ  

ブログランキング」「ブックマーク」「読者になる」をポチっとお願いします。


人気ブログランキングへ