読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロードバイク フロントフォーク コラムのカットとヘッドの組立

【目次】

 

中華カーボンフレームの組立

フレームの各部の確認を済ませました。

いよいよ組立作業に取り掛かります。

 

写真を撮りながら進めようと思っていたのですが、完成を急ぐがあまり、予想通り作業に夢中になってしまい作業中の写真があまり撮れませんでした。

 

 

フロントフォークの取付け

フロントフォークの取付けを行います。

 

コラムのカット

組み付ける前にやらなければならない作業があります。

コラムのカットです。

 

一度仮組してコラムカットの寸法を測定します。

これを間違えてしまっては、全て台無しになります。

 

慎重に測定、自分を疑いながら何度も測定して確認します。

 

そしてコラムカットです。

f:id:InterMax:20160710112544j:plain

f:id:InterMax:20160710112553j:plain

こんな工具と金鋸を使ってカットします。

 

フレーム側の処理

確認作業の際に心配していたベアリング取付部の凹凸やバリを処理します。

 

フレーム側のベアリング取付部の凹凸については、一応購入した先に、ベアリング取付部の処理が甘いとメールで連絡済みです。

 

最終的に組立る側で処理すべきことだとは思いながらも連絡してみました。

 

その結果を待たず、邪魔そうな凸部やバリを除去します。

 

組立作業の開始

まずは、たっぷりとグリースを塗布します。

雨や異物が入り込む余地を残さない様に。

f:id:InterMax:20160710101851j:plain

付属されてきたヘッドパーツのベアリングです。

f:id:InterMax:20160710101838j:plain

これをフレームに取り付けます。

圧入することもなくすんなりと入ります。

※割が入っていないタイプもあるようです。その場合は専用工具を準備するか、塩ビ管の自作工具で圧入するかですが、割を作ってしまうという荒業?でもいけるようです。参考までに紹介します。

iwanの自転車日記 : Denghu FM066 (7)ヘッドパーツの組み付け

 

 

フォーク側に取り付けるパーツも割が入っているタイプで、特に特殊な工具を必要とせずに取付ける事が出来ます。

f:id:InterMax:20160710101757j:plain

それぞでにグリースはしっかりと塗布して合体します。

 

ステムの取付け

ステムも確認の時にコラムに入らなかったので、コラムが入る穴の歯入り口をカッターとペーパーヤスリで仕上げます。

f:id:InterMax:20160704204611j:plain

ついでにハンドル取付け部の穴の表面もペーパーヤスリで仕上げました。

f:id:InterMax:20160710103810j:plain

 

このフレームに関してだけだと思いますが、普通は取付けるトップカバーとか、ダストカバーとか言われる物はとりつけません。

 

それを取付けるとステムとヘッドの間にスペースが出来てしまい。ステム上面とトップチューブに段差が出来てしまいます。

f:id:InterMax:20160710110140j:plain←この段差です。

ただし、トップカバーに付いているパッキンは取付けました。雨やごみが入り込み難い様にと気休めですが。。。

 

トップキャップを取付けてステムを固定してヘッド周りの完成です。

 

ちょっとトップキャップの取付けに苦労しましたけど。。。

 

 

フロントフォーク取付完了

フロントフォークの取付けが終わると、タイヤを付けて見たくなります。

そしてハンドルとサドルも付けて見たくなります。

f:id:InterMax:20160710113725j:plain

本日の作業はここまで。

 

この状態で部屋のスタンドにかけ、完成した姿を想像しながら晩酌です。

この日の「極ゼロ」はいつもよりも美味しく感じました。

 

 

intermax.hatenablog.com

 

 

intermax.hatenablog.com

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

よろしければ  

ブログランキング」「ブックマーク」「読者になる」をポチっとお願いします。


人気ブログランキングへ