360°カメラ(SP360)で撮影したヒルクライムレースの車載動画がおもしろい

360コダックSP360カメラで撮影したヒルクライムレース

ロードバイク車載動画を撮影する為にコダックのSP360を車載しました。

初めての撮影です。

 

 

 

 

岩手県大槌町で開催されたロードバイクヒルクライムレースに、360度の撮影ができるコダックのカメラを車載して出場し、ゴールまでのレースの撮影をしています。

 

これまではSONYのアクションカムを車載して撮影していましたが、前方または後方の一方向だけの撮影となり、横を走り抜けていく方々の様子や、流れる景色、傾斜の感じなどが伝わりにくいと思っていました。

 

 

この360度撮影可能なカメラならば、その問題を解決してくれると思い購入しました。

 

f:id:InterMax:20170924080251j:plain

 

 

【目次】

 

 

撮影の舞台 おおつち新山高原ヒルクライムレース

 

岩手県で2か所目になる「おおつち新山高原ヒルクライム2016」に参加してきました。

子供達も参加できるパレードランが7kmほどあり、その後ヒルクライムレースになります。

全参加者は260人ほど

自分がエントリーした40歳台のクラスは65名ほどの参加でした。

f:id:InterMax:20160526212335j:plain

 

スタートが既に坂道になっていて、途中2~3ケ所ほど平坦や下り区間があります。

全般的に勾配がきつい坂が続くコースです。

 

ゴール後は冷たい麦茶と、地元で獲れるはちみつたっぷりのロールパンを頂きました。

はちみつがとても美味しかったです。

(下山した所で販売してくれていれば、お土産に買って帰ったかもしれません)

 

 

パレードランの沿道の方々の暖かさ

パレードランでは、大槌から小槌まで走ったのですが、沿道の地元の方々の声援、仮設住宅からの暖かい言葉、田んぼで作業中の方の応援など、地域の方々のあったかい気持ちをいっぱい頂いて、参加して良かったと思わせてくれる良いレースでした。

 

来年も開催される事があったら、是非参加したいと思います。

 

とても楽しく、苦しく、暖かいヒルクライムレースの開催、ありがとうございました。

f:id:InterMax:20160526212313j:plain

 

 

 

 

 

カメラSP360で撮影した車載動画

コダックの全方位撮影カメラを車載して撮影したどうがです。

 

一方向の撮影に使用していたアクションカムと比較すると、あまり綺麗な画像ではありません。

 

しかし、動画を再生しながらマウスで方向を動かしてみる事が出来たり、スマホで視聴している時は、スマホを動かすと動画の見る方向も変わるなど楽しさがあります。

 

 

SP360カメラで撮影した動画のアップ

撮影した動画はYoutubeにアップしています。

撮影そのものが細切れに保存されており、結合などの加工を行わずに、そのままYoutubeにアップしました。

【SP360撮影】おおつち新山高原ヒルクライム2016 レース動画(1) - YouTube

 

 

SONYアクションカムで撮影した動画

360度ではない車載動画を比較する参考として紹介します。

同じ様にロードバイクで行われたヒルクライムレースの動画です。

 

やはり画質はこちらの方が良いです。

手ぶれの補正もスムーズです。

ロードバイク ヒルクライムレース動画 ヒルクライム・エコ2016(Dクラス 1回目スタート) - YouTube

 

 

 

 

 

 SP360カメラの画質

コダックSP360での車載動画は、見ていただいた通りSONYと比較すると画質が劣るようです。

 

4Kでの撮影ができますが、360度(球ではなく半球です)撮影をすると、4Kではなくなるようです。

 

画質を求めるならば、今のところは単一方向のアクションカム、回転しながらいろいろな方向で動画を楽しみたいのならば、コダックSP360で撮影するというように使い分けができると良いのかもしれません。

 

両方を車載するとなると、バイクや車ならば問題ないと思いますが、ロードバイクで、しかもヒルクライムレースとなると、重量が増加してしまうのでNGですね。

 

 

RICHO(リコー)からも360度カメラ

コダックだけではなくリコーからも発売されています。

少し車載するのは難しそうな形状ですが、360度の画像が4Kで撮影できるようです。

値段もコダックに比べると更に高くなりますが、楽しそうなカメラです。

 

amazonより引用

 

360度カメラの大定番THETAシリーズ最新製品。THETA史上最高の性能を備えたハイスペックモデル
【4K動画撮影】従来製品から 動画性能が大幅にアップ。新たに4K(3840×1920)、30fpsの高精細360°撮影に対応
【360度空間音声】4つのマイクで、VRに対応した最新の3D音声記録に新対応。音と映像がリンクした臨場感抜群の撮影が可能に
【リモート再生】Fire TV Stick(NEWモデル)などを介し、THETAをリモコンにしてTVモニターで360度写真・動画を楽しめる
【進化し続けるTHETA】AndroidベースOS新搭載。プラグインを本体に追加導入することで、さまざまな機能拡張に対応