キクタンで中学の英語を復習 単語 約900語を身につける暗記法

キクタンで中学の英語を復習する英単語896語

キクタンを利用して中学校で習った英語を服してみましょう。

 

現役の中学生や高校受験の準備にも使えると思いますが、大人が英会話をするうえで、もう一度中学で習った英単語を復習したいという方にもおすすめです。

 

キクタンの本や付属されているCDを使って、英単語896語を覚えてみましょう。

 

 

 

【目次】

 

 

キクタンの狙いと効果

キクタンは英語教材としてはメジャーで、触れていないとしても名前だけは聞いたことがあると思います。

 

CDと赤文字を消せるシートが付属されていて、CDで聞きながら本を見て単語を発声して覚えるという、とてもシンプルでクラシカルな教材です。

 

この繰り返して行われるシンプルな作業が、英単語を暗記するには最適な方法なのかもしれません。

 

CDやオーディオプレーヤー、スマホなどというものが無い時代、英単語を記憶するために必要なアイテムといえば、「単語帳」でした。

 

短冊が束になってリングで止められている単語帳、表には英単語を書き、その裏には意味や使用例などを書きます。

 

この単語帳を自分で作るだけでも、小さな短冊にきれいに書く事で覚えられます。

 

そして作成した単語帳をめくりながら声に出して読み、記憶を確実なものにしていくのです。

 

単語帳を使った記憶方法が進化したのがキクタンの記憶法だと思います。

 

この勉強法の効果についてまとめられたブログがありましたので紹介します。

 

キクタンはTOEIC900点に効果があるか? | 外資系営業マンのTOEIC (R) 900点の勉強法・対策

 

 

 

中学の英単語の復習と記憶法

中学校の英語を復習すると思い立ち、勉強法について調べている中で、ある動画で紹介されていた英単語の記憶方法を実践してみようと思いました。

 

その方法は単語帳の日本語訳を手で隠しながら、1秒間のペースで英単語を読み、続けて日本語訳を読むという事を繰り返すと言う物でした。

 

この方法のポイントは、1秒間隔で行うという事と、繰り返して行うという事のようです。

 

ならば単語帳を手で隠さなくても良い方法で、しかも単語帳を持ち歩かなくても良い方法で勉強したいと思い、自分の勉強用として動画作成に至りました。

 

 

 

intermax.hatenablog.com

 

 

キクタン(アルク

f:id:InterMax:20160205232936p:plain

もともと英会話を学ぶためには英単語を覚えなければ行けないとは思っていて、アルクキクタンを購入していました。

 

しかし、キクタンを持ち歩く事や人前でその本を開いて勉強する事に戸惑いや抵抗があって、本棚に置いたまま勉強出来ずにいました。

 

購入していたキクタンは

 

①中学英単語

②BASIC

 

の2種類です。 

 

中学英単語は

高校入試レベルとサブタイトルがあり、アルクキクタンの一番初級レベルになるようです。

全部で896語が掲載されています。

まずはこれをすべてマスターしなければ次には進めません。

 

英検で言うと、5級~4級

TOEICで言うと、350点前後

 

のようです。

 

 

 

BASICは

この前のレベルに「Entry」というのがあって、英検で3級、TOEICで400点前後になりますが、BASICは、英検準2級~2級、TOEICで500点前後になります。

かなりハードルが上がってしまう為、中学英単語をマスターした後に、Entryを購入するかもしれません。

 

英単語を覚えよう!動画の紹介

 完成したのは第1章だけです。

現在作業中ですので、完成しだい順次アップしていきます。

少しづつ改良もして行きます

f:id:InterMax:20170919144058p:plain

https://www.youtube.com/edit?o=U&video_id=vZ3Y2M-kLT8

 

 

 

 単語を記憶する動画 第1章

第1章の完成です。

全部で8章まで作成予定で、完成すると896語の単語帳になる予定です。

自分の勉強用に作成しています。

少しづつ改良しながら作成していきたいと思っています。

 

 

アルクの教材で気になる凄い奴

中学校から習い始めた英語はなかなか身につくものではありません。

もっと小さい時から英語に慣れ親しむ事が重要なのでしょう。

 

そんな小さい子供向けの楽しそうな教材もアルクから発売されています。

 

大人の自分も、もう一度幼児にもどっておぼえてみたいと思ってしまう様な気になる教材です。

120ページにも及ぶ辞典のようになっていて、各ページにはテーマがあり、そのテーマに合わせて絵が描かれています。

 

その絵に、付属される大きなタッチペンをあてると、ネイティブな音声で単語が流れてくるというものです。

 

また、ページごとに歌なども入っていて、楽しみながら学習できるように工夫されています。

 

タッチペンから流れてくるネイティブな声に合わせて、自分も発声する事で楽しみながら覚えていけます。

 

先に自分が発声してからタッチペンでなぞれば、単語テストのような活用もできます。

 

http://store.alc.co.jp/webapp/wcs/stores/servlet/ProductDisplay?storeId=10001&urlLangId=-10&productId=12812&urlRequestType=Base&langId=-10&catalogId=10001

 

少し価格が高いですが、最近では子供用のおもちゃなども高額なものになってきていますし、これを使って身に付けられた英単語は、おそらく将来も忘れにくいものになっていると思われます。

 

そう考えれば、この価格はそれほど高いものではないと思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

よろしければ  

ブログランキング」「ブックマーク」「読者になる」をポチっとお願いします。


人気ブログランキングへ