クランク長さ150~185mmまで可変できる便利なクランク

クランク長さ可変クランク

トライアスロンショップ シロモト」が販売しているクランク長さを可変できるクランクセットを紹介します。

クランク長さを変えてみたいけど、今のクランク長さよりも長い方が良いのか、短い方が良いのか、はたまた何ミリ変えたらいいのか迷います。

そんな時にクランク長さ可変クランク、150mm~185mmまでの範囲で2.5mmづつ可変できる便利なクランクです。

 

【目次】

 

 

シロモト スライドクランク

シロモトのサイトを見ると「世界初」と明言していますので信じて言います。

世界初のスライド式のクランク長さ可変クランクです。

f:id:InterMax:20160117170912j:plain

トライアスロンショップ シロモトより画像借用)

 

仕様

クランク長さ範囲 150mm~185mmまでの35mm

可変ピッチ 2.5mm(150mm、152.5mm、155.0mm・・・・・)

材質 7075 アルミ

重量 1280g(平均)(FC・BBなど含む)

BB 選択式(JIS68mm・ITA70mm)

チェーンリング (シマノ 10s対応)

 53/39T・52/39T 又は、50/34T

 

可変方法

クランク長さを可変させるにはペダルシャフトを取付けるプレートをスライドさせます。

3mmのアーレンキー(六角レンチ)で4本の六角穴付きボルトを緩めてスライドさせます。

予めあけられている穴にピンを挿入する事で2.5mmピッチで長さを可変できるようになっています。

f:id:InterMax:20160117170855j:plain

トライアスロンショップ シロモトより画像借用)

 

クランクの最適長さ

クランクの最適な長さは諸説ありますが、最終的には実際に回してみて、走ってみてのフィーリングや疲労具合、スピードの乗りなどを体で感じて判断しなければならないものです。

 

私も今、5mm短いクランクを探しながら、やっぱり2.5mmにしようかなどと悩んだりしています。

安い物でも2~3万円、高いものだと4万円以上もするクランクセットですので、失敗したくないですから悩みます。

 

スライド式の可変クランクであれば失敗はないです。

自由に可変させながら試走を繰り返して最適な長さを見つける事が出来ます。

 

スライド式可変クランクの気になる点

便利なスライド式の長さ可変クランクですが気になるところもあります。

 

重量

まずは重量です。BB付きですが約1,300gと軽量クランクセットと比較すると500g程度の重量差があります。

100gの重量を削るのにお金をかけて頑張っている中で、クランクセットで500gの増加は正直なところ痛いです。

スライド機構を設ける為に剛性を考えた結果だと思うので致し方ないかと思いますが、せめて100g~200g程度の重量差に抑えて欲しかったように思います。

 

販売価格

¥41,000円(全国送料無料)という販売価格です。

160mmのスギノのクランクセットを買おうと思うと同じくらいの価格になるので妥当だとは思いますが、先の重量なども考慮した時にこの価格は少し高いと感じてしまいます。

精密な機構をもった新しいクランクセットを購入する為の対価としては妥当性があるのかもしれません。

 

まとめ

トライアスロンショップ シロモトのサイト

www.shiromoto.info

 

「クランク長さ可変クランク」は今のクランク長さに疑問を持っていて、自分に合う長さを探す為には最適なクランクだと思います。

 

重量が気になるところですので、このクランクで長さを決めた後は軽量な最適長さのクランクセットを購入したいところです。

 

そう考えると¥41,000円はつらい出費に感じてしまいますね。

できればバイクショップなどでレンタルしてくれると助かります。

 

自転車店、バイクショップの方々、是非常備してレンタルしてくださいませ。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

よろしければ  

ブログランキング」「ブックマーク」「読者になる」をポチっとお願いします。


人気ブログランキングへ