読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヘッドライト点灯の自動化で事故率の低減

自動車のヘッドライトの自動化を義務化

 

自動車のヘッドライトの店頭を自動化することを義務化する動きがあるようです。

朝方や夕方、トンネル内などの点灯について、ドライバー各自の判断で転倒しているヘッドライトですが、自動化して点灯忘れによる事故防止が目的です。

 

統計結果からは、早めのヘッドライト点灯による事故率の低減は

2%程度に過ぎないとも言われていますが、たとえ数%であっても悲しい思いをする人が減る事はすぐに実行すべきだと考えます。

  

【目次】

 

 

朝夕のヘッドライトの点灯

f:id:InterMax:20160115212406j:plain

 

朝夕のヘッドライトの点灯のタイミングは各自の判断で大きく異なりますね。

「薄暗い」という表現の明確な基準も有りませんから、各自のタイミングで点灯します。

 

まだ明るいと思われるときにもヘッドライトを転倒している人もいれば、車のシルエットが見え難いほど暗くなっても車幅等すら点灯しない人もいます。

 

朝夕の薄暗い環境では自動車や歩行者を認識し難く、発見するタイミングが遅れてしまうことによる交通事故も多いと言われます。

 

朝夕の事故が多い原因は交通の集中によるものだとは思いますが、それにしても発見が早ければ防げる事故もあるのは事実だと思います。

 

JAFの調査結果>

JAF|日の入り時のヘッドライト点灯率は僅か22.8% JAF初めての「ヘッドライト点灯状況全国調査」結果を公開

 

 

 

トンネル内での点灯

f:id:InterMax:20160115212432j:plain

トンネル内でのヘッドライトの点灯比率は、正しいリサーチをしたわけでは有りませんが8~9割だと思います。

 

天井灯の少ない暗いトンネルでは100%の点灯率ですが、高速道路や大きな道路のトンネルでは点灯しないで走行している人が見られます。

 

自分が走行できると判断すれば点灯しない人が2割程度居るという事です。

 

自動車免許を取得する為に通う教習所では、トンネル内の明るさに関わらず、ヘッドライトを点灯するように教えられたと思うのですが・・・

 

 

悪天候時の点灯

f:id:InterMax:20160115212445j:plain

激しい風雪雨や濃霧、暗い雨雲などによって日中でも視界が悪い時があります。

 

朝夕の薄暗い時のライト点灯率と同じくらい、雨や濃霧で暗くなった時でもライトを点灯させない人は多い様に思います。

 

自分が走るために必要な明るさがあるという判断だと思いますが、ヘッドライトを点灯させる目的の一つは相手に早く自分を認識してもらう事です。

 

自分が気を付けていただけでは事故を未然員防止する事は難しいので、相手にも自分の存在や速度などの情報をなるべく早く伝えなければなりません。

 

早く伝えるための手段としてヘッドライトの「早め点灯」があります。

 

悪天候時も自分が見えていても、相手の車や歩行者などから良く見えているかを意識する必要があります。

 

 

車検や点検での検査項目

f:id:InterMax:20151122231000j:plain

 

ヘッドライトの自動点灯が義務化された際には、点灯する暗さの基準が重要になります。

 

決められた基準に従ってヘッドライトを点灯する事が出来るのかという事を「車検で確認すること」になります。

 

ヘッドライトを児童で制御するセンサーがどこかに付来ますが、そのセンサーについての感度などの検査が実行されるはずです。

 

JAFヘッドライトの自動点灯タイミングの違い>

JAF|クルマ何でも質問箱:ドライブ運転テクニック|前照灯(ヘッドライト)の点灯タイミング

 

まとめ

f:id:InterMax:20151007222958j:plain

ヘッドライトの自動化は、各自の個人の判断で行っていたヘッドライト点灯のタイミングを統一して、相手からの認知を早めて事故防止につなげるものであり、とても有効的なものだと思います。

 

義務化以前に作られた車の適用などの課題は多いと思いますが、事故防止の観点からは重要な改正だと思います。

 

義務化になる前には、なるべく早くヘッドライトを点灯する様にしましょう。

早く点灯してしまったからと言って、誰かに迷惑をかけてしまう事は少ないと思います。

 

 <日産自動車がまとめているサイトです>

関連する面白い内容がまとめられています。

おもいやりライト

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

よろしければ  

ブログランキング」「ブックマーク」「読者になる」をポチっとお願いします。


人気ブログランキングへ