読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラグビーWカップ日本代表の軌跡と2019年日本開催への期待

2015年ラグビーWカップ イングランド大会

2015年ラグビーWカップ イングランド大会が開催されました。

我らの日本代表の戦いの奇跡をして記事をまとめます。

 

 

ラグビーWカップ イングランド大会 日本大金星‼

f:id:InterMax:20151229102253j:plain

優勝候補と言われていた南アフリカと対戦しました。
日本は 34ー32 で勝利しました。

 

開催地であるイングランドだけでは無く、世界中を驚かせ大金星です。
世界中のマスコミが各国に報道しています。

 

大会開催前に、日本代表の紹介や練習風景などが紹介されていました。
それを見てこれまでに無い期待感を覚え大会での善戦は期待していました。
まさか南アフリカに勝利するとは正直驚きました。

 

本当におめでとうございます!

 

 

日本代表 スコットランド戦!南アフリカ戦に続く勝利の予感!

f:id:InterMax:20151229102444j:plain

日本が優勝候補の一つである「南アフリカ」に勝利し世界中を驚かせました。


例えとして


  ・桐谷美玲さんが吉田沙保里さんにレスリングで勝利した
  ・クリリンフリーザを倒した(アニメ ドラゴンボール
  ・のび太ジャイアンドラえもんの力を借りずにやっつけた


とか言われておりますが、
そんな「ありえない」事がラグビーで起こる訳がありません。


日本代表がしっかりと準備して南アフリカと対等に戦える力をつけた結果です。
また極限の場面で勝利を諦めない精神力でつかんだ歴史的な大勝利なのです。


その結果、日本の世界ランキングが11位に上がりました。
日本に敗れた南アフリカは6位に下がってしまいました。

その日本代表は、23日にスコットランドと戦います。


当然相手は「南アフリカ」戦の日本を見ていますし、研究し対策も講じてくるはずです。
このスコットランド戦で勝利することが、日本の力を世界に知らしめる事になります。


南アフリカ戦が「まぐれ」でもなく「相手が油断した」訳でもなく、
南アフリカが弱くなったり、監督や選手が悪いわけでもなく、
世界のトップと同等に戦える力をつけたのだということを証明してくれることを期待します。



これまでラグビーを観戦するような事が無かった人たちも注目する今、
次のスコットランド戦にも勝利する事で更に人気が高まるはずです。


結果としてラグビー人口の増加につながり底辺が拡大する事でレベルアップします。

それが世界の上位で戦える戦力が誕生する基盤になります。

 

 

 

スコットランドに敗れる

 

f:id:InterMax:20151229103248p:plain

2015年ラグビーWカップの日本の第2戦が23日に行われました。
結果は承知の通り


スコットランド 45-10 日本


と敗れてしまいました。

南アフリカ戦の接戦を制した勢いでスコットランド戦も勝利してほしいと思っていました。
とても残念ですが相手が強かったです。

でも、これで


スコットランド > 日本 > 南アフリカ


という図式になるかというと、そうではありません。

など、その時の選手やチーム状況によって勝敗は変化しそうです。

 

 

日本代表決勝トーナメント進出の条件とは?!

f:id:InterMax:20151229102253j:plain



日本がいるB組にはいるのは5つの国です。
 ・スコットランド
 ・サモア
 ・南アフリカ
 ・アメリカ

その内、2国が決勝トーナメントに進出します。


ベスト8ということです。

 

現在日本は1勝1敗です。
他国の結果によっては、今後の試合を全勝しても決勝に進出出来い可能性があります。

まあ他の国のことは考えても仕方ありません。
残りの試合に集中して結果を残すだけですね。

 

それが決勝トーナメント進出への望みをつなぐ唯一の方法だとおもいます。
他国を気にすることなく集中して応援します。

 

次の日本代表の試合は
10月3日(土) 22:30 サモア戦です。

 

世界ランキングは開催中も変動していますが、現在のランキングでみると
サモア 11位
日本 12位
となっています。


日本よりも上位にランクインしていますが、今の日本の力ならば勝てる相手だと思います。

注目のポイントとしては、サモア代表のピシ選手です。


2009年から日本サントリーに所属してラグビーをしています。
長い間日本でプレーしているので戦い方や選手の事を良く知っています。

 

日本代表に選ばれているメンバーの事も知っているという事はやり難い材料ですね。
逆に言うと、日本側もピシ選手の事をよく知っているという事です。

 

お互いが知っているデータを分析し、相手を攻略して主導権を取る事が勝利を手にすると思います。日本は前半の早い段階で得点を重ね、サモア代表のリズムを崩したいところです。


先行逃げ切りで大差で勝利をつかんでほしいと思います。

 

 


今回のワールドカップは日本代表チームの活躍により、日本ユニフォームのレプリカやTシャツが売り切れて手に入らないほど盛り上がっています。


今度の3日の試合は日本国内の各地でパブリックビューイングも行われ予定となっています。

 

現地に出向いて直接応援する人、日本でパブリックビューイングなどを見ながら応援する人、家でテレビを見ながら応援する人、応援の形は様々ですが、日本代表と一つになってサモア戦を戦う事に違いはありません。

 

日本一丸となって残り2戦を完勝しましょう。
先ずはサモア戦、全力で応援します。

 

 

 

ラグビーWカップ 第4戦アメリカ  行くぞ!決勝リーグ

f:id:InterMax:20151229103248p:plain

今夜のサモア戦、我ら日本代表チームは前半から素晴らしい試合運びでした。
集中したプレーで、サモアに自分たちのラグビーをさせる事なく快勝しました。


おめでとうございます!


そして、ありがとうございます!

次の第4戦はアメリカ合衆国です。
11日 深夜3時45分からです。


早く起きて応援するか?寝ないで待って応援するか?迷う時間帯です。

いずれ日本代表のリーグ最終戦です。


みんなで応援して決勝リーグへ行きましょう!

アメリカは現在ワールドランキングで16位となっています。
日本より下ですが、個人のフィジカルの能力は高いと思います。
油断して集中力を欠いてしまうと簡単に足をすくわれる危険があります。

今回のサモア戦の様に集中して、試合開始から相手の得意な攻撃をさせない事が重要です。
先行逃げ切りで、ボーナスポイントも含めて勝点5が手に入れる大勝を期待します。

頑張れ!日本!

 

 

 

アメリカ戦前 日本の決勝トーナメントへの条件

 

f:id:InterMax:20151229102253j:plain

ラグビーWカップ 日本代表は昨日までの3戦で2勝1敗という成績を残しています。
日本がいる一次リーグB組の順位と勝ち点は次の通りです。


※()内は現在の勝ち点
1位 南アフリカ (11) 次戦 アメリカ
2位 スコットランド (10) 次戦 サモア
3位 日本 (8) 次戦 アメリカ
4位 サモア (4) 次戦 スコットランド
5位 アメリカ (0) 次戦 南アフリカ、次の次 日本

日本の一次リーグの最終戦は、11日深夜 アメリカ戦となっていますが、その前に1位の南アフリカ(vsアメリカ)、2位のスコットランド(vsサモア)の試合が予定されています。

 

この上位2チームの試合の結果による勝ち点の合計は次の通りになります。

 

南アフリカがアメリカに勝利した場合、勝ち点は15で、4トライ以上でボーナスポイントを付加すると、勝ち点が16になります。

 

スコットランドサモアに勝利した場合は、勝ち点が14となり、4トライ以上のボーナスポイントを付加すると、 勝ち点が15になります。

 


上位2チームがこのような結果だった場合の日本の決勝トーナメント進出の可能性を見てみます。

 

日本がアメリカ戦で勝利すると、勝ち点は12となり、4トライ以上のボーナスポイントを付加したとして、勝ち点は13となります。

 

従って、南アフリカスコットランドの両方が勝利した場合、日本の決勝リーグ進出の道は絶たれる事になります。

日本が決勝リーグに進める条件は次の何れかしかありません。


南アフリカが「8点以上」差をつけられて負けて、日本がアメリカに勝利する。
南アフリカが「7点差以内」で負けて、日本がアメリカに4トライ以上で勝利する。
スコットランドが「8点以上」差をつけられて負けて、日本が勝利する。
スコットランドが「7点差以内」で負けて、日本が勝利する。
スコットランドが引き分けて、日本が4トライ以上で勝利する。

可能性があるのは、スコットランドvsサモアで、スコットランドが苦戦してくれることだと思います。

 

この一次リーグの各組で3位以内になれば次回のワールドカップの予選が免除されるサモアは、是非勝利して権利を得たいと思います。

 

サモアが現在3位の日本を捕らえる為には、4トライ以上での勝利が必須になります。
前半から積極的にトライを狙って攻め続けてくれるはずです。


そのサモアvsスコットランドは、10月10日(土)22:10からです。

 

 

 

ラグビー史に深く名前を刻む ~ そして2019年日本開催へ

f:id:InterMax:20151229102444j:plain

イギリスで行われているラグビーワールドカップにおいて、日本代表の一次リーグの全試合が終了しました。

 

結果は3勝1敗です。

 

日本のラグビー界だけではなく、世界においても永遠に語り続けられる活躍をして歴史に深く”JAPAN”の名を刻んでくれたと思います。

 

ラグビーはメジャーなスポーツですが、トップリーグの試合がテレビ放映される事はあまりありません。
でも今回のワールドカップの第1戦の南アフリカを撃破した活躍で国内は一気に盛り上がました。


テレビ中継の視聴率も上がり、レプリカのユニフォームなども完売したようです。
前へ前突き進む男たちの迫力あるプレイや、静寂と緊張の中蹴り出されるキックなど、他のスポーツにはない魅力が伝わったのだと思います。

 

このワールドカップを機に日本のラグビー界が活性化され、トップリーグが発展することを願っています。それには我々がワールドカップという大舞台だけの応援で終わらせない事です。

 

次のワールドカップは2019年に日本で開催されます。


ラグビーを今よりも更にメジャーなスポーツとして定着させて、世界のラガーマンたちを迎えられたら良いなと思っています。

 

ありがとう、日本代表の皆さん。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

よろしければ  

ブログランキング」「ブックマーク」「読者になる」をポチっとお願いします。


人気ブログランキングへ

宜しければ読者になってください

?