読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あなたの口臭を低減させる果物と野菜について

ある果物と野菜を朝食の時に食べる事で、口臭が低減する効果が期待できるそうです。

 

自分の口臭が気になると、仕事も遊びも集中できなくなりますよね。

朝晩の歯磨きをしっかりとしても気になる時もあります。

 

口臭予防にガムを噛んでみても、その時はスッキリしますが長続きはしません。

いくつも噛み続ける事による「依存症」や「歯並びの変化」などの弊害も発生してしまいます。

 

またガムだけではなくタブレットなどにも見られるのが「人工甘味料」です。

人工甘味料が体に及ぼす影響(健康リスク)についての真実は明らかではありませんが、グレーな部分がある事から積極的に摂る事は避けたいと思っています。

 

そんな中、朝食のメニューに工夫をするだけで口臭を防ぐ効果がある食材があるという事を知りました。

 

◆口臭低減食材とは

口臭を低減させる食材とはこれです。

 

パセリやクレソンは朝のサラダとして食べる事が出来ますが、新鮮な物を定期的に仕入れて冷蔵庫に入れておかなければいけませんね。

 

これらをサラダとして食べる際には、市販のドレッシングも良いですが自家製のドレッシングをお勧めします。

 

チョット高いですが「アマニ油」というオメガ3に分類される油を使ったドレッシングです。

簡単で美味しいので是非お試しください。

 

【健康ドレッシングのレシピ】

 アマニ油 大匙1

 醤油 大匙1

 酢 大匙1/2

 塩・コショウ・砂糖  少々(一つまみ)

 ※全て入れて、かき混ぜるだけです

 

 

サラダの材料を買い置きするのが大変という方の口臭低減メニューは、キウイフルーツですね。

保存環境さえ間違わなければ、熟した物でも1週間~2週間は保存できるそうです。

 

その保存に適した環境とは、0度~1度と言いますので低めの冷蔵庫か、野菜室やチルド室になると思います。

 

まとめて置いている中で痛み出したものがあると、全体に影響を与えてしまいますので、小分けにして保存するのがおススメらしいです。

 

サラダやヨーグルトなどと一緒に食べても良いと思いますが、ヨーグルトに入れて食べると、苦み等を感じる人がいるようです。

 

◆買ってきたキウイフルーツが熟れていなかった場合

買ってきたキウイが熟れていなかった場合は追熟させなければいけません。

一般的には、温度が15度~20度で、期間は1週間~2週間程度で食べ頃になるようです。

あくまでも目安なので、注意深く熟れ具合を見ながら判断する必要があります。

 

食べ頃の判断は、お尻の所を押してみて柔らかくなって来た時です。

熟れ頃サインを見落とさずに美味しくいただきましょう。

 

◆まとめ

口臭低減の効果については個人差があると思います。

これだけに頼らずに、規則正しい生活と栄養バランスも大切です。

当然、歯磨きの習慣や口臭予防のうがい等も併用する事も必要かもしれません。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

「関連記事」

 ダイエットやトレーニングの敵「セルライト」を自分で消す方法

intermax.hatenablog.com

 

 ガム依存症 噛み続ける弊害と 依存を断つ方法

intermax.hatenablog.com