読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大掃除シーズン 浴室の掃除やカビの対策には「塩」が効果的?

くらし くらし-掃除

毎日使用する浴室は自分の身体をきれいにする場所ではありますが、生活空間の中で一番汚い場所と言われています。

汚いというのは汚れが付いているという事ではなく、油断していると菌やカビが沢山繁殖してしまう場所という事のようです。

 

お風呂掃除はしていても陰になった場所や、シャンプーやせっけんを置いているラックの裏や、そのボトルの底や周りが黒く汚れていたり、ヌメヌメしている事。

お風呂用の洗剤をスポンジに付け、ゴシゴシとこすればとれる汚れですが、また少し油断をするとすぐに汚れてしまいますよね。

 f:id:InterMax:20151212230024p:plain

 

浴室のカビについて、皆さんの対処法として次の様なものが紹介されていました。

  • ドライヤーで感想と共に加熱する
  • シャンプーボトルなどは毎回浴室から出す
  • こまめに洗う

などです。

 

結局は最後に紹介されていた「こまめに洗う」が正解のようですが、今現在浴室のボトルの底などが「カビだらけ」だった時の対処法として紹介されて鋳物が興味深かったので紹介します。

 

◆環境に優しい「塩」

浴室のボトルの底面などのカビを退治するの為に用意するのは、環境に優しく「塩」だけです。

出来れば粗塩が良いようですが、ダイニングにある普通の塩でも大丈夫です。

  1. 浴室の床に塩を大匙2杯適量まきます
  2. その上にボトルのカビがある部分を擦り付けます
  3. 仕上げに少し塩を手に取って直接カビのある部分をこすります

これで綺麗になります。

www.youtube.com

 

という事ですが、この方法で掃除をするのと、洗剤を付けてこするのと比較した時にmとっても楽だったり、良い効果があったりするならば実践してみようと思いますが、それほど変わりない様に思うのは私だけですかね。

 

洗剤を買えない状況や、買い忘れた時にカビに気が付いてどうしようもなく掃除したくなった時、という条件付きでおススメしたい掃除方法でした。

 

そんな限られた状況に遭遇した方はお試しください。

 

 

カビ類も怖いですが、時期になると感染者が増加して世間をにぎわすウイルス性の胃腸炎「ノロウィルス」はとても感染力が強くて怖いものです。

手洗いや消毒、清掃なども予防に効果的なんです。

ノロウイルスについて、AB型は感染しないなんていう噂がありますが、その真相はどうなんでしょうか。

 

intermax.hatenablog.com

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。