読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バスケットの驚異的なジャンプ力 神業過ぎて笑える

NBAのバスケットボールは世界最強とも言われる選手がゴロゴロといますが、その選手たちの能力の高さは常識を超えるものがあります。

 

身長も高くジャンプ力もある選手が放つシュートを、更に高いところでカットするジャンプ力と、ボールに的確に伸びる手。

 

もはや芸術です。

凄すぎて笑えます。

www.youtube.com

 

私も中学生の頃バスケットボール部に所属していましたが、身長も低くジャンプ力も人並み、脚は早い方でしたが武器になるほどでもなく、これといってアピールすべきポイントのない選手でした。

 

当然レギュラーになれる訳もなく、がむしゃらに努力してレギュラーになろうとする事もなく、それを甘んじて受け入れ楽しんでいました。

 

そんな私が中学3年になった頃、ジャンプ力があれば更に楽しいバスケット生活が送れるかもという思いが芽生え、毎日必死に筋トレを行いました。

 

でも、そう簡単にジャンプ力はつく訳もありません。

 

大きな成長を感じることなく中学を卒業し高校に進学し、ジャンプ力に対するこだわりは捨てずに努力し、高校2年の時に初めてゴールリングに触る事が出来ました。

 

その瞬間の驚きと嬉しさ、自分の指に残るリングの感触は忘れられません。

 

そのまま努力を続ければダンクも打てるかもしれないなんていう事を思った事もありましたが、更に30~40cmも高く飛ぶことは不可能でしたし、身長は既にほとんど伸びが止まっていました。

 

残念ながら高校3年の時にやっと片手でリングが握れる程度までしか飛ぶ事が出来ませんでした。

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

皆様のアクセスや応援が励みになります。

これからも応援宜しくお願い致します。