1ナンバーのランクル100 維持費を比較検証 構造変更の損得を見極め

ランドクルーザー100を購入する際に、1ナンバーにするために構造変更して登録する事ができますが、1ナンバーで登録することは得なのでしょうか?

 

構造変更をしたランクルは中型貨物になります。

中画家保になったランクルの高速料金や、車検費用などの維持費を年間の費用として計算し、3ナンバーのまま登録した場合と比較検証してみます。

 

今、ランクルを構造変更して、3ナンバーから1ナンバーにしようか悩んでいる人は、是非この記事を読んでから考えてみてください。

 

f:id:InterMax:20171018192002j:plain

 

 

【目次】

 

 

1ナンバー登録したランクルのガソリン車の維持費

 ランドクルーザー100を購入する時に、購入先のショップに依頼して構造変更をしてもらいました。

これによってナンバーは1ナンバーになり、中型貨物扱いになります。

普通に3ナンバーで登録した時との維持費を比較検証してみます。

 

 

1ナンバー登録の制限 

貨物として登録する為に我慢しなければならない事は4つあります。

  1. 3列目シート撤去
  2. 2列目シートのリクライニング撤去
  3. 毎年車検
  4. 中型貨物の為、高速料金が高い
3列目のシートの撤去

3列目シートを撤去すると乗車定員は5名になります。

 

家族が多いオーナーや、普段は4~5名だけど時々人を乗せなければならない時があるというような、撤去する訳にはいかない理由を持っている人は貨物登録はあきらめなければなりません。

 

「5名しか乗れないでっかい車」に満足できる人だけが、先ずは一つ目の条件をクリアする事になります。

 

 

2列目シートのリクライニング機構の撤去

2列目のリクライニングが出来なくなります。

 

貨物スペースの確保が理由のようです。

 

標準の位置にした状態で、2列目のシートの両サイドについているリクライニング用のレバーを取り外してしまいますので、前にも後ろにもリクライニングする事が出来なくなります。

 

2列目シートをリクライニングによって前に倒して、更にシートごと前に90度起こしながら移動すると荷物スペースが大きく確保される使用ですが、リクライニングが出来なくなるのでその機能は使えなくなります。

 

それを了承出来る人が2番目の条件をクリアする事になります。

 

 

毎年車検の実施

貨物は毎年の車検が義務になります。

3ナンバーの場合は2年おきの車検ですが、毎年車検の費用が掛かる事になります。

でも車検費用を比べると

 

普通乗用(3ナンバー)

 2年車検の場合

 重量税 ¥54,000円

 自賠責 ¥27,840円

 車検整備代 ¥20,000円~40,000円程度

 合計 ¥101,840円~121,840円

 

貨物登録(1ナンバー)

 1年車検×2回の場合

 重量税 ¥16,200円×2回 ¥32,400円

 自賠責 ¥24,040円×2回 ¥48,080円

 車検整備代 ¥20,000~¥40,000円×2回 ¥40,000~¥80,000円程度

 合計 ¥100,480円~120,480円

 

差額 ¥1,360円程度(車検整備代によります)

ほぼ変わらない車検費用になります。

 

 

 

 

 

中型貨物は高速料金が割高

1ナンバーへの構造変更により貨物扱いとなりますが小型ではありません。

ランクルの見た目で小型となる訳が無いのは納得できますよね)

3ナンバーのままだったら普通乗用車として走行できる高速道路ですが、1ナンバーは中型の料金を支払わなければなりません。

 

従って、頻繁に高速道路を利用する方には辛い出費になります。

ほぼ行楽シーズンだけの高速道路の利用であっても、長距離の移動の場合は違いが気になるかも知れません。

 それを我慢できる方が、構造変更した1ナンバーのランクルにのる事が出来ます。

 

ちなみに、東北自動車道を例にすると

川口JCT~八戸までの区間 (片道料金)

3ナンバー登録車(普通乗用車) ¥12,900円

1ナンバー登録車(中型貨物車) ¥15,500円

差額 ¥2,600円

 

尚、高速道路には割引になる曜日などがありますが、中型車は対象外になります。

 

休日割引後の料金

3ナンバー登録車(普通乗用車) ¥9,320円

1ナンバー登録車(中型貨物車) 割引なし

差額 ¥6,180円

 

では貨物登録で1ナンバーにするメリットは何か?

 

これは毎年春に収める「自動車税」の違いです。

3ナンバー登録車は、¥84,100円

1ナンバー登録車は、¥17,600円

差額 ¥66,500円です。

 

 

結論 まとめ

八戸~川口JCT 631.4kmの高速道路を1年間に5往復半以上する人は、3ナンバーの普通乗用車として登録した方が良さそうです。

 

逆にそれ以下の場合は、1ナンバーの中型貨物として登録した方が良いかもしれないという結論です。

 

とは言いますが、高速道路も近距離を頻繁に利用する方が料金が高めだったりしますので、一概に利用距離数では測れないと思います。

 

ご自分のカーライフに合わせた登録をおススメします。

 

 

intermax.hatenablog.com

 

intermax.hatenablog.com