読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自転車タイヤ交換 価格 性能 耐久性重視すべき購入のポイント

自転車のタイヤを選ぶ時、何を基準に選んでますか?

 

「自分のバイクに実際に装着して走ってみないと、良いか悪いかわからない」


これが正解だと思います。


自転車店などで店主や店員の豊富な経験からのアドバイスや、そこに集まっているバイク仲間たちの経験を聞いて想像は出来ますが、自分のバイクは世界に一台だけの物だし、それに乗って走る人間も世界に一人だけの自分です。
又、似た様なバイクや、同じような背格好の人が、同じタイヤを装着したとしても感じるフィーリングや受ける印象は個人個人違うものです。
ある人はゴツゴツした細かい路面の悪い状況を緩和してくれる疲れ難い乗り心地と評せば、同じものでも柔らかくて剛性感に欠ける印象と評する人もいるはずです。
感覚は人それぞれなのです。
そうは言っても最初に買うタイヤを何にするか、情報が無くては選びようもありません。ネットなどでレビューを読んで参考にしながらの購入になりますね。

そこで、主なメーカーのタイヤを紹介してみたいと思います。

皆様の購入時の参考になれば幸いです。

 

PANARACER クローザープラス 希望小売価格¥3,651円
軽量ミドルクラスモデル
オールコンタクトトレッド形状でコーナーリングも滑らか
耐貫通パンク用PRブレーカーがプラス
ZSGナチュラルコンパウンド
700×23C(210g)、700×25C(220g)

PANARACER RACE-L EVO2 5,245円
ZSGコンパウンドで天候を問わないグリップ性能
耐カット性能、耐摩耗性能が20%向上
700×23C(185g)
700×25C(200g)

f:id:InterMax:20151031111953j:plain

 


CONTINENNTAL グランプリ4000S2 希望小売価格¥6,156円
330tpi
700×23C(215g)
耐パンク素材のベクトランブレーカーで軽量で耐久性もあり強度も高い

f:id:InterMax:20151031112038j:plain

 

MICHELIN PRO4サービスクルス 希望小売価格¥7,776円
200g
150tpi
ナイロン・ハイデンティシーブレーカー内臓
グリップ力と機動力を両立、コーナーリングスピード向上

f:id:InterMax:20151031112121j:plain

 

MICHELIN PRO4 エンデュランス 希望小売価格¥7,020円
225g
長い製品寿命と強化された保護性能
PRO4サービスクルスと比較して20%の長寿命
耐切創性とパンク耐性強化

f:id:InterMax:20151031112157j:plain

 

VITTORIA オープンコルサCX 希望小売価格¥7,938円
320tpi
ドライもウエットも素晴らしいグリップ力
低い転がり抵抗
ISOgripコンパウンド採用

f:id:InterMax:20151031112349j:plain

 

 

自分が使用したタイヤは、MICHELIN PRO4サービスクルスCONTINENNTAL グランプリ4000S2です。

あまり参考にはならないと思いますが、初心者のつまらない感想程度に超簡単なインプレをどうぞ。


MICHELIN PRO4サービスクルスは、バイク購入時についていたシュワルベからの交換でした。
路面からの細かい振動が消されてなめらかな走行感で、グリップが良いのだろうという想像が容易にできました。ハンドルから伝わる振動や、サドルから伝わる振動が軽減されるので、走り切った時の疲労感が少ないように感じられました。
良いタイヤを選択したと思いながら帰ってきて、家の中に入れる為にタイヤを拭いていると再度に1.5cmほどの切創傷が入ってました。グリップが良いという事は異物も拾いやすいという事なのかもしれません。ゴム系の接着剤で埋めながら2回ほど走りましたが、山岳部のポタリングが主なコースだった為、途中のパンクは命の危険も伴う事から買い換える事にしました。走行距離200kmにも満たない残念な結果でした。

 

その経験を考慮して次に選んだのが

CONTINENTAL グランプリ4000S2です。
レビューなどを見ると耐パンク性や切創傷などが少ない印象で、生産国がドイツという事も手伝って、耐パンク性能も高く転がりも良いイメージを抱いて購入しました。
MICHELIN PRO4の後でしたから、路面のごつごつ感の伝わり方は大きく感じましたが、先のシュワルベよりは少ない印象でした。走っている時の転がり抵抗が少なく感じられました。直進時の走行面のしっかり感がそう感じさせている印象です。もう少し軽いと嬉しいのですが充分許容範囲です。
今は同じグランプリ4000S2の25Cを装着しています。

以上、つまらない感想でした。


 沢山のメーカーから色々なコンセプトで出されているタイヤですが、安い物でもありませんので簡単に履き替えられません。

タイヤ購入の際に、気に入ったタイヤではなく新しいタイヤにチャレンジしてみる勇気もありませんので、暫くはグランプリ4000S2で行くと思います。

 いろんな人のおススメ情報を聞きながら、どうしても気になるタイヤが出てきたら新しいタイヤを試そうかと思ってます。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。すこーし参考になったと思っていただけたら幸せです。

 

 

 

intermax.hatenablog.com

 

intermax.hatenablog.com

 

 

intermax.hatenablog.com

 

 

intermax.hatenablog.com